日本の裁判所:最高裁判所

最高裁判所は、東京都にある日本の司法権を担当している最高機関のことです。最高裁と略して呼ばれることもあります。下級裁判所は、全て最高裁の元に置かれています。そして、終審裁判所として、裁判権をもっています。最高裁は、法の番人と呼ばれることもあります。日本国憲法の施行とともに設置されました。最高裁は、長官と他14名の判事によって構成されています。長官の指名は、内閣によって指名されて、天皇が任命をします。判事は、内閣によって任命されて、天皇が認証をします。最高裁は、日本国内の裁判所を統制する長でもあります。様々な規則を制定する権限も持っています。最高裁裁判官の定年は70歳とされています。ここの一番重要な機能は、法令解釈を統一することなのです。そして、憲法違反性のある法令に、最終的な判断を下すことです。
また、他国の裁判官と盛んに交流を行っています。裁判官だけでなく学者とも交流しています。米国や欧州に留学をさせて他国の法制度を学んだりしています。また、それらの国やアジア諸国からの訪問も受け入れています。特にアジア諸国は近代的な日本の司法制度を学びたいと考えているようです。また、法整備支援活動協力の一環でもあります。

Comments are closed.