クーリングオフ制度の法的威力

クーリングオフとは一定期間内であれば契約を無条件で解除できる消費者保護の制度です。特定商取引法で定められている取引のうち、訪問販売、電話勧誘販売、特定継続的役務提供、連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引、訪問購入の取引はクーリングオフをすることができます。取引によってクーリングオフができる期間が異なっており、電話勧誘販売は8日間、特定継続的役務提供は8日間、連鎖販売取引は20日間、業務提供誘引販売取引は20日間、訪問購入は8日間となっています。
クーリングオフをすると全額返金されます。キャンセル料や違約金も一切支払う必要はありません。商品は着払いで返送することができます。通常使用した商品であっても契約を解除することができ、サービスの提供を受けた後でも解除することができます。
また、8日間・20日間のクーリングオフ期間が過ぎた場合でも、受け取った書類が、クーリングオフについての注意書きをしていないなどの不備がある場合や、クーリングオフはできないと不実の告知をして期間を過ぎてしまった場合、業者がクーリングオフをさせない為に、威迫・困惑行為をして期間を過ぎてしまった場合、故意にクーリングオフができることを説明しなかった場合などはクーリングオフ期間を過ぎていてもクーリングオフをすることができます。

Comments are closed.